nosh(ナッシュ)

nosh-ナッシュは電子レンジの温め方でもっと美味しくなる!

ナッシュの温め方の画像
ジュンイチ
ジュンイチ
どうも、ナッシュを夕食に置き換えて糖質ダイエットに成功したジュンイチです。

ナッシュの温め方はカンタン!

アヤコさん
アヤコさん
お弁当の帯に、そのお料理の電子レンジでの加熱時間が記載されています。
加熱時間
ジュンイチ
ジュンイチ
帯をはずしたら、そのまま電子レンジで加熱するだけ。

電子レンジ
アツアツの料理が出来上がります♪

ですが、うまく温めないと、料理によっては加熱のし過ぎで、味が悪くなったり、食感を損ねてしまうことがありました。

・煮物なのに、水分がとんでパサパサに。
・サラダなのに、野菜が焦げてカリカリに。
・お浸しなのに、汁けがなくなる。
・お肉やきのこが小さくなってしまう

ジュンイチ
ジュンイチ
特に副菜にこういったことがよく起こります。

メインの料理、それぞれの副菜では、最適な加熱時間が異なってしまうので、こういった状況に陥りやすいんです。

 

例えばこちらの「ロールキャベツのトマト煮込み」の副菜の「ごぼうサラダ」ですが、みずみずしさがなくなってしまっているのがわかりますよね。

アヤコさん
アヤコさん
水気がとんで干からびたようになっていますね。

 

白身魚のエスニック揚げ」の副菜の「さつまいものレモングラス煮」においても、煮物なのに、ほくほくの焼き芋のような食感でした。

さつまいものレモングラス煮

「まあ、それでも美味しいので・・。」と諦めていたのですが、ほんのひと手間で、かなり改善されることがわかりました。

ジュンイチ
ジュンイチ
さっそく見ていきましょう!

\初回割引あり!ナッシュの公式サイトはこちら!/

なぜ電子レンジの加熱で美味しさが変わってしまうのか?

ジュンイチ
ジュンイチ
そもそも別々の料理を同じ時間加熱するのは、リスクがあるわけですが、美味しさを損ねやすい原因のひとつは容器にあるといえます。
ナッシュの箱

ナッシュの容器をみていただくとわかりますが、フタは簡易的に閉じられているだけなので、電子レンジで加熱している間に、けっこう隙間が開いてしまうんですよね。

アヤコさん
アヤコさん
密封とは言えない状態になるわけですね。

 

ジュンイチ
ジュンイチ
そんな状態で6~8分ぐらい電子レンジで加熱し続けるわけですから、水分がとんでしまいやすいのです。

また容器は紙の素材で出来ているので、蒸発した水分が容器に吸収されるとも考えられます。

そして容器の内側です。

凍ったままの牛肉のデミグラスソース煮

一応は料理ごとに区切られてはいますが、上にも空間ができるし、隣との間にも隙間ができる構造だということがわかるのではないでしょうか。

アヤコさん
アヤコさん
これでは、水分がとんでしまうのもわかりますね。

水分がとぶということは、味も変わるということですし、酷い場合は、カリカリになったり、焦げたりしてしまうこともあるんです。

電子レンジで美味しさを保ったままナッシュを温める方法

アヤコさん
アヤコさん
隙間があるのがよくないのなら、それぞれ個別に密封して加熱すれば、改善されるのでは?
タッパに入った料理
ジュンイチ
ジュンイチ
たしかにそうですが、毎回タッパに移して個別に加熱するのは、かなり面倒です。

洗いものだって増えてしまいますから、宅配弁当のメリットが半減してしまいますよね。

 

ではどうすればいいのか?

ジュンイチ
ジュンイチ
かるくラップをかぶせればOKです。

 

カンタンですよね?

これだけで本当に、改善されるのかを検証してみました。

ナッシュがラップで美味しくなるか検証

ジュンイチ
ジュンイチ
筆者の本日のメニュー「塩糀(塩こうじ)鯖の和プレート」で試してみました。
ナッシュにラップをした画像

ちなみに副菜の献立はこうなっています。
ごぼうの胡麻マヨ和え
ほうれん草と揚げの煮浸し
茄子の味噌炒め

この料理の加熱時間は6分~6分30秒

電子レンジ

普段なら、ごぼうがカリカリになって、ほうれん草がパサつくんだろうと覚悟するところですが、どうなっているでしょう。

ラップしてレンチンした副菜

いい感じで仕上がりました!

ラップをしているせいか、飛び散りを防いで、いつもより容器がきれいです。

副菜の見た目も明らかにいつもと違います。

ごぼうサラダの違い
アヤコさん
アヤコさん
ごぼうの胡麻マヨ和え」はみずみずしいままだし、細切りの人参も原型を残していますよね。

 

ほうれん草と揚げの煮浸し

ほうれん草と揚げの煮浸し」も、いつもだったらはみ出した部分が、乾いて容器にこびりついているのですが、これは見るからに美味しそうです。

ジュンイチ
ジュンイチ
実際にこのほうれん草のお浸し、めちゃくちゃ美味しかったです。

ほんのひと手間で、美味しくなるということを実感することができました。

 

別メニュー「鶏団子と大根の煮物」でも試してみました。

こちらは汁気が多い、メインの鶏団子と大根の煮物にもラップをかぶせます。

鶏団子の冷凍

汁に浸かっていない部分が乾いた感じになるのを防ぐためです。

鶏団子と大根の煮物レンジ後

コチラも全体的にいい感じに仕上がりました!

人参の南蛮漬け

カリカリになりやすい人参の細切りを使った「人参の南蛮漬け」も、みずみずしいまま温まっています。

小松菜のからしお浸し

小松菜のからしお浸し」と「茄子のお浸し」も、出来立ての料理そのままの仕上がりでした。

ラップで水っぽさも防げる!?

ナッシュのレビューで「水っぽい」というコメントを見かけることがたまにありますが、実はこれもラップによってある程度防ぐことができます。

料理が水っぽくなる原因
・汁気の多い料理の水分が蒸発して他の料理に移る
・素材の水分が抜けて外へ出る

ジュンイチ
ジュンイチ
たとえば副菜の「お浸し」の水分が蒸発して、他の料理が水分でべしゃっとしたり、素材の水分が抜けて周りのソースや出汁が薄くなってしまうことがあります。

水分が抜けた素材も、硬くなったりパサパサになったりするので、全体的に美味しくなくなりますよね。

そこで、 ラップをかけることによって、出汁やソースが蒸発することや、素材から水分が抜けることを防ぐことができるようになるわけです。

鶏団子と大根の煮物
アヤコさん
アヤコさん
 まるで作り立てのような仕上がりに!

\ナッシュは初回割引のこちらから/

電子レンジの温める時間について

ジュンイチ
ジュンイチ
ナッシュのお弁当の温める時間について、気になったことをお伝えしたいと思います。

ナッシュの弁当についている帯の説明には、電子レンジでの温め方について、500w600wでの目安時間が、それぞれ30秒の幅で記載されています。

ナッシュの説明書き

筆者の電子レンジは600wなので、5分00秒~5分30秒になるわけですが、こういった場合、短い方の時間(この場合だと5分00秒)で十分なことが多いです。

つまり短い方の時間でしっかり温まっているのに、さらに30秒も温めたら、あまりいい状態ではなくなってしまう可能性が高いということです。

同じワット数の電子レンジでも、個体差はあると思いますが、できるだけ短い時間で加熱して、一度確認することをおすすめします。

おうちの電子レンジが700w以上の場合

人によっては、電子レンジのワット数が700w以上という方もいらっしゃると思います。ナッシュの公式サイトによるとこう記載されていました。

700w以上で加熱されると容器が破損する恐れがございますのでご使用しないでください。
どうしても700wで温める必要がある場合は、記載時間より短めに様子を見ながら温めてください。

700w以上の電子レンジの場合は、お皿など別の食器や容器に移し替えてから加熱した方がよさそうですね。

700wで加熱するという方は、以下の加熱時間を目安にして下さい。

600w 5分 6分 7分 8分 9分
700w 4分30秒 5分 6分 6分50秒 7分40秒

器の形状や材質によって調整して下さい。

まとめ:ナッシュの弁当は温め方で美味しくなる

ナッシュの弁当は、レンジをするときにラップをかけると、美味しくなることを検証しましたが、いかがだったでしょうか?

「なんだ、そんなことか」と思われた方もいらっしゃるかも知れませんが、公式サイトのレビューをみていると、同じような悩みを持っている人がたくさんいることがわかったので、記事にしてみました。

ジュンイチ
ジュンイチ
ラップをかける、たったこれだけの手間でかなり美味しくなるのでぜひ試してみてください。
アヤコさん
アヤコさん
加熱時間は少なめで様子を見るのも忘れないでくださいね。

\初回割引あり!ナッシュの公式サイトはこちら!/

>>ナッシュの公式サイトをみてみる